文字通りこの世界のものとは思えない本です。 ダウンロードして読んでみてください!

ラエリアンムーブメント公式ホームページ

弥勒菩薩ラエル:レーシングカー・ドライバー

Rael Racing9才の頃より弥勒菩薩ラエルはもう一つ情熱を傾けてきたものがありました。それはカーレースです。最新リリースの車に触るために、弥勒菩薩ラエルはスポーツカー・ジャーナリストになりました。自分で「Auto  Pop」 という名前のレーシング雑誌の会社を設立し、その雑誌はフランスで一番人気のあるレーシングカー専門誌になりました。そのおかげで、レーシング用の車をレンタルしレースに参加できるほどになりました。「アレイン・プロスト(Alain Prost) などのようなレーサーのチャンピオンを輩出したフランスのマグニ・クー(Magny Cours)にある有名なウィンフィールド(Winfield)カーレーシング学校を弥勒菩薩ラエルは卒業しました。フランスのアルビー・トラックが彼の始めてのレースとなりましたが、驚くことに経験豊富で有名なドライバー達の中で、ポールポジションを取る事が出来たのです。弥勒菩薩ラエルは最初のラップで、時には7台もの車をごぼう抜きにする事もあり、すぐに有名になりました!

1973年12月13日、我々人類を創造した科学者の一人と遭遇し、その情熱を捨て去る事を強いられた時、彼の人生は劇的に変わりました。しかし、有名な最初の遭遇より20年位経った1994年、数多くのラエリアン達の要望により、今一度プロレーサーとしてスポーツカーに乗り、国際的に有名なカーレース競技に参加する事を弥勒菩薩ラエルは承諾しました。世界初のUFO現象を解説するセンターである「UFOland」がスポンサーとなり、弥勒菩薩ラエルは私達の創造者から託されたメッセージを普及する一方、自分の情熱を追求していきました。

ル・マンズ(Le  Mans)の勝利者ジャン・クロード・アンドゥルエ、デペラーなどが運転助手となり、モンザ・イタリー、スパ・ベルジアム、デイトナUSA、モントリオール・カナダ、鈴鹿ジャパンなど世界で有名なトラックで競い合い、彼のエリート・ドライバーとしての知名度は今確実なものとして築き上げられています。明らかに弥勒菩薩ラエルは世界で最速の精神的指導者です!

今日、弥勒菩薩ラエルはカーレス競技を引退していますが、自分の部屋で余暇を利用してオンライン・シミュレーションのレーシングゲームを今でも楽しんでいます。特に、Live  for  Speed では、rael.org/racing というニックネームでレースに参加し、世界で最も強いゲーム・プレーヤーであります。