文字通りこの世界のものとは思えない本です。 ダウンロードして読んでみてください!

ラエリアンムーブメント公式ホームページ

弥勒菩薩ラエル:エロヒムのメッセンジャー

弥勒菩薩ラエル:エロヒムのメッセンジャー1973年当時、弥勒菩薩ラエルは27才になり、レーシング・カー 雑誌の出版で成功していましたが、ちょうどその年の12月13日の朝、「ピュイ・ド ゥ・ラソラ」と呼ばれるフランス中部の火山公園で他の惑星からやって来た人間との 劇的な遭遇をしました。その異星人は、地球人は科学的に創造された の書の 中に記述されてい るように、我々人類の起源について、又、私達がどのようにして将来を築いてい けばよいのかについて詳しく弥勒菩薩ラエルに説明しました。同じ場所での連続六日間に 及ぶ異星人との会談の後、弥勒菩薩ラエルは二つの使命を異星人より託されました。ひと つは、この革命的なメッセージを人類に知らせる事。そしてもう一つの使命は、 神秘主義や恐れを抱くことなく、意識が高く敬う心を持った人類として、我々の 創造者「エロヒム」を地球に迎える事です。それから数ヶ月の間、この重大な使 命から来るプレッシャーのため、弥勒菩薩ラエルはもう少しで胃潰瘍になってしまうとこ ろでしたが、ついにこよなく愛するスポーツカー・ジャーナリストという職業を 断念し、彼が遭遇した異星人の一人、ヤーウェにより与えられた使命に全力を注 ぐ事を決意しました。それから一年の間に、その出来事を書籍にして出版し、フ ランスのテレビとラジオの二つの人気番組に出演し、弥勒菩薩ラエルは一般の人々を対象 とした講演会を開くことを発表しました。1974年9月19日にパリで開かれ た最初の講演会では2000人以上もの人達を惹きつけました。その後間もなく、 弥勒菩薩ラエルはマデク(MADECH)という名の団体を創設し、彼に与えられた壮大 な使命の実現を助けようと人々が集まりました。その後、この団体はラエリアン ・ムーブメントとなりました。1974年末までにその団体の会員数は170人 にまで達しました。そして現在104カ国、70,000人以上もの会員がいま す。

1975年10月7日、弥勒菩薩ラエルはエロヒムとの2回目の遭遇で更なる情報を受け取りました。その後、弥勒菩薩ラエルはその内容を二番目の著書として出版し、また 地球人は科学的に創造された の著書の中でも部分的に触れいます。そのときから、弥勒菩薩ラエルは世界中をまわって全ての大陸で講演会やセミナーを開き我々の創造者達を地球に歓待する喜びを分かち合う人々を集めてきました。

彼はまた彼の教えの中心的な部分になるセンシュアル・メディテーション、より知性的な地球政府の形態を説明している「天才政治」、そして、人間の寿命が不死になる可能性や科学の恩恵から生まれる美しい未来について説明した「クローン人間にYes!」などの本も出版しています。

弥勒菩薩ラエルは、長い年月の間、様々な運動を展開してきました。たとえば、学校でコンドームの使用を奨励する運動、マスターベーションを推奨する運動、「違いを許すだけでは不十分であり、人々は違いを愛するべきである」というスローガンを掲げながら少数派の人々を援助する運動、様々な宗教の経典・聖書などの中に人権を尊重しないような表現が書かれてないかを検閲する事(宗教団体にとっては不快な事ではあるが)を訴える運動、Clonaid(クロネード)という会社を設立して人間のクローンを援助していく運動、地球上の全人類にとって唯一の食料確保手段としてGMOを推奨する運動、クリトリスを割礼されてしまった女性達を援助しクリトリスを修復して再び彼女達が喜びを味わえるようにするために「Clitoraid(クリトレード)」という会社を設立、アフリカ民族の首長達に対してアフリカ合衆国の設立をするよう働きかける運動など、数多くあげられます。これらの活動は一般市民の運動にまで波及していきました。

世界のメジャーなテレビ番組、例えば、Breakfaast with Frost(粉砂糖で朝食を), Entertainment Tonight(今夜はエンターテーメント)のみならず、60 minutes,CNN,FOX,BBCニュース番組などにも、これまでゲストとして出演してきました。彼はアメリカ連邦議会に招待され自分の科学的なビジョンについて説明しました。また、弥勒菩薩ラエルを2000年に公式に招待したコンゴ民主共和国大統領デニス・サソー・N・ゲッソーなどに見られるように、世界のリーダー達にゲストとして招待されてきました。フランスの著者マイケル・ヒューレベックやヒュー・ヘフナーと同様に、たくさんのアーティスト達が彼を認めてきました。

地球上の全ての文化において、例えそれが仏教で言う弥勒菩薩であれ、ユダヤ教のメシヤであれ、キリスト教信者の精霊であれ、又、世界中の多くの部族により違う名で呼ばれるものであれ、共通して言える事は、メッセンジャーの再来が待ち望まれていると言う事です。過去に現れたメッセンジャーと同じく、このメッセンジャーは、全ての人々を喜ばせるというわけではなく、私達の創造者が我々人類に対して何を望んでいるかを述べるのが使命なのです。これが弥勒菩薩ラエルが過去30年間以上もの間行ってきた事なのです。休む間もなく世界中を旅し、何も所有しないと誓いを立て、エロヒムが弥勒菩薩ラエル に建設するよう頼んだ大使館に彼らを2035年までに迎えるという使命に、ただひたすら全てを捧げています。 以下をクリックすると、古代の遺跡や宗教文献と弥勒菩薩ラエルとの関連性を知ることができます。