文字通りこの世界のものとは思えない本です。 ダウンロードして読んでみてください!

ラエリアンムーブメント公式ホームページ

 FAQ #16

トランスミッションとは? 何をするのですか?
トランスミッションとは、
創造者エロヒムのコンピュータに細胞の設計図(個々人のDNA配列)を
伝送するイベントです。

エロヒムはメッセージを理解した私たちに、彼らは私たちの創造者である
と、生と死を通じて承認することを求めています。このうち生を通じた承認
がトランスミッションです

「メッセージを知ったその日から、コンピュータの中の判定に使われる情報
(注:再生のための)を記録するシステムは接続されたままですが、死の瞬
間に一つの細胞を自動的に採取することを可能にするシステムは、切り離
されてしまうからです。」

(説明:エロヒムのメッセージを知らない人は死の瞬間にエロヒムの自動シ
ステムにより一つの細胞が採取されますが、メッセージを知った人はそれ
を自分の意思で選択する必要があります。再生可能かを判定するため、
人間は生まれた瞬間からすべての行いが彼らのコンピューターに記録さ
れますが、その一つの細胞によって再生されると記されています。)

「少なくとも一生に一度は、ガイドの中のガイド、あるいは彼によって資格を
与えられたガイドに会って、エロヒムがあなたの精神を目覚めさせてくれ、
あなたが目覚めたままでいられるように手助けしてもらうため、エロヒムに
細胞の設計図を送ってもらうよう心がけて下さい。」

(「地球人は科学的に創造された」縦書版P142、「地球人は科学的に創造
された」横書版P183より引用しています)

詳しくは、「宇宙人からのメッセージ」P290、「異星人を迎えよう」P3
6、「地球人は科学的に創造された」縦書版P142、P171、「地球人は
科学的に創造された」横書版P183、P229をお読みください。

トランスミッションまでの流れ、
「地球人は科学的に創造された」または「宇宙人からのメッセージ」または
「真実を告げる書」をお読みになられ…
  ↓
ラエリアン・ムーブメント(非営利団体)に属しているかどうかに関わらず、
「エロヒムを創造者と認め、神も霊魂も存在しない」と理解された15歳以
上の方
  ↓
トランスミッションを受けられますことをおすすめいたします。

トランスミッションは年4回、毎年決まった日時(4月の第1日曜日、8月6
日、10月7日、12月13日)に開催されます。
同時に開催されるパーティーともに無料です。

ご不明な点などがございましたら、各方面のお問い合わせ先までお気軽
にご連絡下さい*^-^*
  

 Category: エロヒムからのメッセージについて

  • 誰がエロヒムを作ったのか?
    もし私たちが神を信じていたとしたら私たちは「誰が神を作ったのか?」という質問をしていた事でしょう。もし私たちが進化論やビッグバンを信じていたなら「ビッグバンを引き起こした物質やエネルギーはどこから来たのだろう?」と質問したことでしょう。

     エロヒムに関してもそれは同じです。彼らは他の惑星からきた人々によって作られたのです。その彼らもまた別の人々によって作られました。これは生命の無限のサイクルです。いつの日か地球の科学者も他の惑星へ行き、そこに人を作ることになるでしょう。
  • なぜ彼らには大使館が必要なのですか?
    彼らは侵略者ではありません。彼らは来訪したい意思を示していますが私たちがノーという選択を取れるよう尊重してくれています。彼らを招待するかどうかは私たち次第です。

    私たちの招待状、それが大使館です。これが最低限私たちができることです。もし大使館が中立でなく、上空が自由でなく、公式の歓迎がなければ、予告もなく望まれてもいない来訪は、世界中で政治的、経済的、社会的に大変大きな影響を与え、破壊的な結果をもたらすことになるでしょう。また、まず始めに彼らが他の組織や団体と会うことでラエリアン哲学以外の宗教やイデオロギー、政府を是認することも彼らは望んでいません。したがって、彼らは私たちが大使館を建てた時だけやって来るでしょう。これは彼らの私たちへの愛であり尊重なのです。

    彼らの指示に従い、ラエルは彼を助けたいと思う人々を集める非営利の国際組織、ラエリアンムーブメントを設立しました。これは完全に開かれた組織で、説得するのではなく、知らせるための組織であり、援助したいと思う人は自由に入会でき、いつでも好きなときに退会することもできます。ラエルを含め、メンバーの誰も給料を受け取っているものはいません。
  • なぜ彼らは皆の前に姿を現してラエルが言っていることを証明しないのですか?
    では少しこのシナリオを想像してみてください。私たちを創造したと主張する絶対的で見たこともない力が突然地球またはその上空に現れ、皆に目撃されたとしたらどうでしょう。そしてこの来訪が地球外生命体の「宇宙船」だとしたらどうでしょう。

    「宇宙船」から人間と同じ姿をしたものが降りてきたら実際人々はどんな反応をするでしょう。彼らは侵略者とみなされ、軍隊による脅迫的な報復がなされるでしょう。平和的にこれらが行われるためには双方ともに一定レベルの理解が必要となるでしょう。

    ラエルは言っています。「エロヒムは、キリスト時代に彼らが行ったように、私たちの起源における彼らの役割について私たちを説得するためにどのような奇跡も行うことはありません」。
     エロヒムの力を示す夢のような出来事があったにもかかわらず、その哲学の教えに反対するものたちによってキリストは十字架にかけられました。これらの奇跡は決定的な証拠として見られませんでした。

    エロヒムは、私たちが彼らを崇拝するよりも、私たちが彼らを愛し、私たちがお互いに愛し合うことを望んでいます。このことを知っておくことは重要です。
     彼らは私たちが真実を完全に理解し、彼らから学び、いつの日か宇宙に存在する巨大な量の知識に貢献し、全ての意識を上げる事ができるようになることを望んでいます。

    今は歴史上非常に特別な時期です。私たちの存在のメカニズムを完全に理解する技術的知識を私たちは十分蓄えてきたのですから。
     簡単な言葉で述べられていますが、このメッセージは私たちの起源の真実、私たちの惑星が現在陥っている混乱の状態、人類として私たちが自分達の可能性に到達するためにとるべきパラダイムシフトを把握するための必要な基本的情報をすべて提供しています。

    いつかもしその時期が来れば、エロヒムを迎える準備ができた意識ある人にあふれた惑星によって招かれた客として、エロヒムは確かに来訪するでしょう。
  • どうしてラエリアンは一人の男が言っていることを信じることができるのでしょうか?
    ラエルの本に書かれている事はすべて、昔のあらゆる宗教書や伝説、慣習、また現代科学よっても裏付けられています。
     他の惑星からやってきた生命体と人類のコンタクトの痕跡の証明は全ての大陸の歴史の中に見つかります。そしてもし現代社会の私たちの科学の発展をみるならば全てのことは32年前にラエルが既におっしゃっていたことである事がわかります。

    ラエリアン哲学は、理解の哲学であり、信じる哲学ではありません。だからこそラエル自身がこうおっしゃっています。ラエルを盲目的に信じることはせずに、皆さんが自分で調査して、自分の謎が解けるかどうか確かめるようにと。
  • トランスミッションとは? 何をするのですか?
    トランスミッションとは、
    創造者エロヒムのコンピュータに細胞の設計図(個々人のDNA配列)を
    伝送するイベントです。

    エロヒムはメッセージを理解した私たちに、彼らは私たちの創造者である
    と、生と死を通じて承認することを求めています。このうち生を通じた承認
    がトランスミッションです

    「メッセージを知ったその日から、コンピュータの中の判定に使われる情報
    (注:再生のための)を記録するシステムは接続されたままですが、死の瞬
    間に一つの細胞を自動的に採取することを可能にするシステムは、切り離
    されてしまうからです。」

    (説明:エロヒムのメッセージを知らない人は死の瞬間にエロヒムの自動シ
    ステムにより一つの細胞が採取されますが、メッセージを知った人はそれ
    を自分の意思で選択する必要があります。再生可能かを判定するため、
    人間は生まれた瞬間からすべての行いが彼らのコンピューターに記録さ
    れますが、その一つの細胞によって再生されると記されています。)

    「少なくとも一生に一度は、ガイドの中のガイド、あるいは彼によって資格を
    与えられたガイドに会って、エロヒムがあなたの精神を目覚めさせてくれ、
    あなたが目覚めたままでいられるように手助けしてもらうため、エロヒムに
    細胞の設計図を送ってもらうよう心がけて下さい。」

    (「地球人は科学的に創造された」縦書版P142、「地球人は科学的に創造
    された」横書版P183より引用しています)

    詳しくは、「宇宙人からのメッセージ」P290、「異星人を迎えよう」P3
    6、「地球人は科学的に創造された」縦書版P142、P171、「地球人は
    科学的に創造された」横書版P183、P229をお読みください。

    トランスミッションまでの流れ、
    「地球人は科学的に創造された」または「宇宙人からのメッセージ」または
    「真実を告げる書」をお読みになられ…
      ↓
    ラエリアン・ムーブメント(非営利団体)に属しているかどうかに関わらず、
    「エロヒムを創造者と認め、神も霊魂も存在しない」と理解された15歳以
    上の方
      ↓
    トランスミッションを受けられますことをおすすめいたします。

    トランスミッションは年4回、毎年決まった日時(4月の第1日曜日、8月6
    日、10月7日、12月13日)に開催されます。
    同時に開催されるパーティーともに無料です。

    ご不明な点などがございましたら、各方面のお問い合わせ先までお気軽
    にご連絡下さい*^-^*